Ebikejourney

旅行家藤原かんいちE-Bikeの旅

E-Bike乗りまくり

f:id:kanichifujiwara:20200920192633j:plain

試乗車もいろんな種類がある

 

 

2台目は

日本の老舗自転車メーカー

ミヤタが作ったE-Bike

クルーズ5080。

 

こちらもベスビーのJF同様

フラットバーハンドル

ハンドルとシートの

ポジションもほとんど同じだが

デザインとしての違いは

バッテリーが剥き出しになっていること。

 

見た目は内蔵されていた方が

カッコイイ。

 

ちなみにブレーキは

どちらもディスクブレーキ。

これがE-Bikeの主流らしい。

 

f:id:kanichifujiwara:20200920191730j:plain

ミヤタのクルーズ

 

今回はアシストが切れる

時速24kmはどんな感じになるのか

体感してみたいと思い

強めにペダルを漕いでみる。

本気で漕ぐと意外とあっという間に

時速24㎞になった。

 

「思ったほど高速じゃないんだなぁ…」

 

その先は普通の自転車と同じように

アシストなしで漕ぐが

すぐに信号が現れスピードダウン。

 

町をのんびり走る分には

24km以上で走ることはあまりなさそうだが

信号のない田舎や高原道路を

飛ばして走りたい人とか

高速で走り続ける

ロードレーサータイプの人には

向いていないようだ。

 

それから書いていなかったが

ほとんどのE-Bikeは

サイクルコンピューターが付いていて

スピードメーターや走行距離、平均速度など

色々なことが簡単にチェックできるようになっている。

中には消費カロリーが分かるものも

これはモーターサイクルにはないものなので

楽しみだ。

 

f:id:kanichifujiwara:20200920191859j:plain

サイクルコンピューター

 

次がBESVベスビーのJR1。

こちらはドロップハンドルで

ロードレーサーっぽいスタイル。

車重も15.7㎏と

クルーズより3㎏も軽い。

 

タイヤも700c×25と

E-Bikeにしては細目。

 

 

f:id:kanichifujiwara:20200920191526j:plain

ベスビーのJR1

 

走り出すとやはり軽快。

ドロップハンドルなので

足に力が入りやすく

ついついスピードが

上がってしまう(笑)

 

久しぶりのドロップハンドルを握っていると

自転車小僧だった10代の頃を思い出す。

あの頃のようにまた自転車で旅をすんだなと思うと

言葉にならない感情がこみあげてくる。

 

握る場所を色々変えられるのが

ドロップハンドルの利点

長距離を走るならやっぱり

ドロップハンドルがいいかもなぁ…

 

いつの間にか笑顔になっている

自分に気が付いた

 

つづく